医療レーザー脱毛の特徴と施術時の注意

医療レーザー脱毛は医療脱毛の一つで、脱毛クリニックや美容外科、美容皮膚科と言った病院施設で行われている脱毛の方法です。
レーザーの光と言うのは黒いものに強く反応を示す性質が在る為、光を毛穴に集める事が出来ます。
毛穴の奥にはムダ毛を成長させるための細胞組織が在り、医療レーザー脱毛はこの細胞組織に光を送り込んで、そこで熱エネルギーに変換させることで細胞組織を破壊する事が出来るようになります。


破壊された細胞組織は毛を生やすための機能を失うため永久脱毛が可能になってくるのです。

因みに、脱毛クリニック、美容外科、美容皮膚科などの脱毛と言うのは永久脱毛とも言われているのが特徴で、脱毛サロンなどの場合は永久脱毛と言った表現ではなく、半永久的と言った言い方をしているのが特徴です。


脱毛サロンで行われている脱毛の多くはフラッシュ脱毛やIPL脱毛、S.S.C.脱毛など色々な呼び名が在りますが、特殊な光を照射する事で発毛組織の機能を弱める効果や、ムダ毛が生え難い状態にすることが出来ます。

しかし、医療レーザー脱毛とは異なり、光の出力が弱いと言った特徴が在ります。

沖縄で全身脱毛について知っておくと便利なことが良く分かるお得なサイトです。

脱毛サロンの場合には、医療行為が認められていないため、肌へのダメージが起きた場合の対処が難しいからなのです。
その点、医療レーザー脱毛は医療行為が可能な病院での脱毛手法であり、永久性を得られる脱毛施術を受けられると言う事になるのです。

様々な種類のGirls Channel情報が揃っています。

尚、医療レーザーの光は黒いものに強く反応を示す為、日焼けした肌では脱毛が出来ない事も在るので注意が必要です。